日本全国どこでも、スムーズに対応!BIG WAVEは、北海道から沖縄まで全国からのオーダーをサポート致します。

 

 

************************************
オリンピックとピンバッジ
************************************ 
************************************
ピンバッジはデザイン力が決めて
************************************ 
■オリンピックとピンバッジのヒストリー
オリンピックとピンバッジは昔からとっても深い関係があります。オリンピックでは、参加各国の選手や大会関係者、そして報道関係者がそれぞれのオリジナルピンバッジを用意して、挨拶代わりに、また、友好を深めるために、差し上げたり、交換したりしています。

そもそもの始まりは、各国選手団がチームのバッジを持参した事が始まりと言われています。始めは石やボール紙やブリキ等で作られたバッジだったそうです。

多種類のオリンピックピンバッジが販売されるようになったのは、民間資金を導入するようになった1984年のロサンゼルスオリンピックからと言われています。

■ピンバッジブーム
1984年のロサンゼルスオリンピック以後、開催地では、毎回ピンバッジの大ブームが巻き起こっています。

オリンピック開催地では、大会組織委員会が、大会エンブレムやマスコットキャラクターのデザインを付した大会記念グッズを販売するオフィシャルショップを開設し、ピンバッジを販売してきました。それらのグッズは、空港や各鉄道の駅の売店やお土産品コーナー、コンビニ、スポーツショップ等でも販売されました。

また、1988年カルガリー大会で登場以来、大人気なのが、「コカ・コーラ ピン・トレーディング センター」。有力なオリンピックスポンサーであるコカ・コーラ社が、オリンピック期間中、コーラ社のオリジナルグッズを販売するショップを展開し、ピンバッジの販売や、コレクターが交換し合うトレードスペースを提供してきました。
そして、いよいよオリンピックが始まると、世界各国から熱狂的なピンバッジコレクター(収集家)がやって来て、帽子や上着に沢山のピンバッジを着けて街中で収集活動やトレードを活発に行い、老若男女を問わず誰もがピンバッジを身に付け始めると、たちまちピンバッジは大人気となって大ブームが巻き起こりました。

ピンバッジは、2020東京オリンピックでも、多くの人々を魅了する事でしょう。
 
■豊富な経験と多種多彩なサンプル
当社は、地元長野で1998年に開催された長野パラリンピックにおいて、ピンバッジのデザイン製作、販売に色々な角度から関わリました。

そして、それを契機に2002年「日韓ワールドカップサッカー大会」、2010年「ワールドカップサッカー南アフリカ大会」では、ピンバッジのデザイン、オフィシャルライセンスグッズの販売。2005年「愛・地球博」、2005年スペシャルオリンピックス冬季世界大会」、2008年「第63回国民体育大会冬季大会」、2012年「長野技能五輪・アビリンピック2012」では、オフィシャルライセンシーとしてピンバッジのデザイン・製作、卸小売り販売に携わりました。
また、コレクションとして長野オリンピック以後のオリンピックやワールドカップサッカー大会のピンバッジを約4000種類ほどサンプル収集してまいりました。それらは、販売された各種オフィシャルピンバッジ、非売品のスポンサー各社、メディア各社、IOC、世界各国のNOCピンバッジ等のカテゴリーに及んでおります。豊富な経験と多種多彩なサンプルは絶対に当社にしかない強みであり、財産だと自負しております。

■ピンバッジはデザイン力が決めて
ピンバッジの人気度は、そのデザイン、テーマ、メッセージ性によって決まります。コレクターの間では「ピンバッジは小さな芸術品」とまでも言われています。せっかく作るのですから、ただ作れば良いというものではなく、評価されるものを作りたいものです。希少性、仕掛け方等の戦略性も重要です。当社ではピンバッジのデザイン製作とは、それらのすべてを包括してこそがデザインであり、ピンバッジはデザイン力が決めてと考えます。

■コンプライアンスの重要性
ピンバッジの人気が高まれば高まるほど問題も噴出してきます。トラブルを回避し、ピンバッジの持つ本来の良さ、収集の楽しさ等をファンの方々に公平に親しんで頂く為に、オフィシャルピンバッジの製作、販売にはコンプライアンス認識と管理体制が重要と考えます。当社は、あらゆる問題点とリスクを管理します。 

※文章・画像の無断転載・使用禁止します。



 
copyright © 2003 BIG WAVE all rights reserved.